床のリフォーム・修繕について/床・リフォーム・体育館・格技場施設等・ワックス・ささくれ補修工事・東京|(株)東海管理舎

床のリフォーム・修繕について

HOME > 床のリフォーム・修繕について

床のリフォーム・修繕について

https://www.floor-reform.net/

武道場の床補修についてはこちら

木材リフォームのメンテナンスをワンストップでご提供

木床の施設は、体育館、武道場、教室、オフィスビル、高級住宅などが挙げられますが、
こういった木床は、約10年で高額なポリウレタンの塗り替えリフォームが必要になります。
しかしながら、リフォームが高額であるがために先送りされ、
その結果体育館で負傷事故が起きた例も報告されています。

発生年竣工または木製床の全面改修から
事故発生までの年数
被災者の動き負傷部位入院日数
平成18年16年バレーボール胸部1週間~10日程度
平成23年8年バレーボール胸部7日間
平成25年2年バレーボール腹部(内蔵損傷)27日間
平成25年26年バレーボール腹部4日間
平成26年31年バレーボール腹部12日間
平成27年25年フットサル背中(内蔵損傷)24日間

体育館の床板の剥離

体育館の床板の剥離による負傷事故は、被災者が滑り込んだ際に発生することが多く、
床板剥離の要因は、塗膜の損傷・摩耗による木床の性能の劣化が原因となります。

フロアーリフォーム.netでは、教室や体育館、武道場など、
木材の施設のリフォーム・メンテナンスに対応しております。
ドラムサンダーでの表面塗膜の切削後、ポリウレタン製ワックスを塗布して仕上げます。

塗料の卸業者だからできる、高品質・リーズナブル施工

フロアーリフォーム.netは、業務用清掃用品や塗料の販売・卸を行う会社を母体に持つ、木床リフォームの専門業者です。
教室や体育館、武道場などは、床面積が広いため、使用する塗料の量も多くなりますが、
フロアーリフォーム.netでは、塗料の費用を安く抑えることが出来るため、
よりリーズナブルで高品質な施工が可能となっております。

塗料の卸業者だからできる、高品質・リーズナブル施工

創業50年の経験と実績

フロアーリフォーム.netは、創業50年という長い歴史の中で、
各塗料メーカー、清掃用品メーカーとの非常に深いパイプを確立し、また技術と経験も積み重ねてまいりました。
そのため、床板の状況や使用状況、予算やご要望に応じた最適な施工・塗料の選定を行うことが出来ます。

一年に四回の「定期メンテナンス」に対応いたします。

木床リフォームの施工業者の中には、定期メンテナンスに対応していない会社も少なくありません。
理由は、木床リフォームに対応している企業の多くはリフォーム会社であり、木床以外のリフォームなどの仕事もあるため、
定期的なメンテナンスには消極的な傾向にあります。
そのため、施設の中には、専門家が現場を確認したのが10年前であるということも珍しくありません。
このような状況では、施設の利用者の安全性も維持することが出来ません。
フロアーリフォーム.netでは、1年に4回程度の「定期メンテナンスサービス」をご提供しております。
これにより、危険な状態がフルリフォームまで放置されるのを防ぎ、また、小規模な補修をこまめに行うことで、
フルリフォームまでの寿命を延ばすことも可能です。

定期メンテナンス

東京・神奈川・千葉・埼玉の施設に迅速にお伺いいたします。

フロアーリフォーム.netは、東京・神奈川・千葉・埼玉などの施設に迅速にお伺いしております。
上記以外の地域についても、できる限り対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

このページのトップへ